FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

05月≪ 2008年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008.06/02(Mon)

泉の映像




前回紹介した泉の映像です。
紹介、解説してくれているのがまこっちゃんの新しい友人「ベンチ君」24歳です。
険しいジャングルの道を、鉈(なた)で、草木を掻き分け場所に連れて行ってくれました。
彼は、CFFマレーシアの裏山に住むフィリピン人です。
彼の故郷や両親の話、この地域で生きることの厳しさ、将来の夢、などを
聞いていると、返す言葉を失い、同時にCFFマレーシアの
あるべき姿を考えさせられます。

CFFマレーシアのミッションは「共存・共生」と「支え愛」です。
文化や、習慣、言語、価値観、生活レベル、、、
様々な違いを、違いとして受け入れあい、共生することは
簡単ではないということを、ここで思い知らされることがよくあります。

人間は同じ価値観のグループに属すことによって安心感を得
そこに異質なものが現れると、咄嗟に保守的になります。
無意識に「自分の領域が脅かされる」ことを恐れるからです。
10人のうち1人、歩調を合わせられない人がいると、その人を異質な存在と
みなし、集団から排除しようとする心理が働くといわれています。

CFFマレーシアのある村には、マレー人、中国人、原住民(カダザン族、ドゥスン族)
そして、移民であるフィリピン人、インドネシア人、ティモール人などが
「隣人」として暮らしています。しかし、そこに根強い差別・偏見があるとしたら。。。

CFFがフィリピンからマレーシアに広がり
しかもCFFマレーシアがこのような場所に据えられたということは
偶然ではないような気がしてなりません。
そしてベンチ君は次回のローカルキャンパーになってくれるかもしれません。

スポンサーサイト



20:45  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |