QLOOKアクセス解析

06月≪ 2008年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.07/09(Wed)

仔犬の成長

どうも、まこっちゃんです。

今日は、仔犬の成長についてご紹介したいと思います。

バンブーハウスの番犬、ブラッキーとホワイティーの仔犬たちが生まれたのは、約1ヵ月半前の良く晴れた4月20日の早朝。
あれから50日間、振り返れば本当にいろんなことがありました、、、



仔犬たちが生まれる前夜のこと、、、
前にも書きましたが、珍獣センザンコウがバンブーハウスに迷いこんできました。その時いつもは寝てばかりのぐうたらブラッキーが、狼の如く産前のホワイティを守るため果敢にも戦いを挑み、相手の右手を噛み切り(!)見事撃退してしまいました^^;
あの晩ホワイティーと僕は何もできずに、ただただ立ち尽くしてブラッキーの戦いを見ていましたが、その時のブラッキーの勇姿は今でも脳裏に焼きついています(笑)
armajiro_convert_20080521221516.jpg





また、仔犬たちが生まれた直後のこと、、、
僕たちはてっきり生まれたのは全部で8匹だと思っていたんですけど、実は一匹穴の中に埋もれていいたんです。ホワイティーがその仔のSOSサインを察して、穴の中に頭を突っ込み必死で助け出そうとしていました。あの時ホワイティーが気が付かなかったら、あの仔はきっと助からなかったと思います。9匹も生んだあとでくたくたに疲れていただろうに、、、
その日からホワイティーは、9匹もの仔犬たちを付きっ切りで面倒をみていました。お母さんになる前の彼女は散歩が大好きで一箇所にとどまっていることがなかったのに、あのときはご飯を食べる1分間の間を除いてずっと仔犬の世話をしていました。
母親ってホントに頼もしいなってあの時すごく思いましたね。
ホワイティと仔犬たち





またある時こんなこともありました、、、
前の日の夜から大雨が降り続いていた日のことでした。
朝起きてきて階段の下を見てみると、バンブーハウスの外にある造りたての犬小屋に移動させたはずのホワイティーと仔犬たちがいるじゃないですか。
どうやらホワイティーが大雨の中、仔犬たちを一匹ずつ口に咥え移動させたようなんです。しかも犬小屋の信じられないくらい小さな隙間から、身体を傷つけながらも9往復も!
その数時間のこと、ご大洪水が押し寄せてきたんです・・・
きっとホワイティーは洪水が来ることを察して、体を張って仔犬たちを守ったんですね。
あの日腕から血がにじんでいたホワイティーを見て、少し涙ぐむくらい感動したのを覚えています。

このような母親ホワイティーの‘血のにじむ’努力と、昼間はひたすらぐうたら寝て過ごし、夜の警備の仕事に専念する父親ブラッキーの影のサポートがあって、仔犬たちの小さな小さな命は、1匹も欠けることなくみんな元気に育つことができました。





現在バンブーハウスには、2匹の仔犬と父親のブラッキーが暮らしています。
最初ブラッキーは仔犬たちを避けて逃げ回っていたのですが、今では仔犬に鼻を噛まれてながらも父親らしく相手をしてあげています。たまにうんざりして、大きなため息をついたりしていますが、、、^^;
仔犬たちブラッキーと
仔犬川辺にて







母親ホワイティーと残りの7匹の仔犬たちについては、責任をもってしっかりと育ててくれる信頼できる村人の方々に引き取られていきました。
今度様子を見に行ってこようと思いますが、きっとみんな新しい飼い主に可愛がられて元気に暮らしていると信じています。


ブラッキー、ホワイティー、9匹の仔犬たち。素晴らしい思い出をありがとう。
いつまでも、この50日間を見たことや感じたことを忘れないようにしたいと思います。
・・・全ての生き物の母親や父親が持っている、こどもに対する‘愛’というものを。


スポンサーサイト
23:58  |  CFFマレーシア  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
2008.07/03(Thu)

KING OF FRUIT ドリアン!

どうも、まこっちゃんです。

日本はそろそろ雨季も終わり、夏がやってきた頃でしょうか。
マレーシアの方は乾期に突入し、毎日暑い日々が続いています。


さて、今回はCFFマレーシアの敷地内に植わる果樹に関するご報告をしたいと思います。

前にご紹介したとおり、CFFマレーシアの敷地面積は14,7エーカー (1万8,000坪)もあるんです。東京ドームが約12エーカーですから、それよりももっと広いんです!しかもその広大な敷地内には、マンゴスチンの木が101本、果物の王様ドリアン、世界で一番大きな果物ジャックフルーツ、他にもランブータン、バナナ、パパイヤ、パイナップルと南国フルーツの生る木がたっくさん植わっています。

前にもいくつか写真をお見せしましたが、今日はこれからシーズンを迎えるドリアンの果実の成長の様子をお伝えします。

橋の手前に植わっているドリアンの木は2ヶ月ほど前に花が咲き、そのあと小さな実が27個できました。その後王様の証であるトゲトゲのを身につけ、少しずつ成長していきました。その中で一番大きな実が赤ちゃんの頭くらいの大きさになったんです。

doriannoki.jpg


ここ何週間か毎朝必ず数を数え、成長具合を確認していました。ドリアンの事が気になって、気になってしかたなかったんです。ドリアンの木の下にテントを張ろうかと考えたくらいです(笑)

そして先日、いつものように数えてたんです、、、
「い~ち、に~、さ~ん、し~・・・に~じゅろくっ。26!?あれっ!?ひとつ足んない!!」三回数えなおしてもやっぱりひとつ足らなかったんです!


ま、 まさか・・・・

必死になって辺りをくまなく探しました。そしたら木の下の草むらの中に発見したんです!すでに王様の風格を漂わせているドリアン様を!見つけた瞬間思わず、「あ、あったぁ~!!!!」って叫んじゃいました^^;


早速バンブーハウスに持って帰り、一緒に住んでいるスタッフのMr.Tanに見せました。

二人とも落ちたのドリアンを前に、「どうしましょうか・・・せっかくですからCFF初ドリアンは安部さんやキャンパーと一緒に食べたいですよね・・・でもみんなが来るのあと1ヵ月も先だし・・・・・・」って話あった結果、時期がきて落っこちたんだし腐って食べれなくなったら、王様に失礼だ。また万が一みんなが食べてお腹を壊したらいけないからって、いろいろと理由をつけて少しだけ後ろめたかったけど結局食べることにしちゃいました^^
皮を剥ぐ時あのトゲの鎧に指を刺して痛かったけど、口に入れた瞬間そんなの忘れるくらいの感動が全身を駆け抜けました。
何せ採りたてというか、落ちたての超新鮮なドリアンだから香りも良かったし、味の方もあのイカツイ風貌からは想像できない、クリーミーでマイルドなお味でした。そして何といっても庭から取れたドリアンですよ!こんな贅沢な話はなかなかないですよね。

dorian kanshoku





夏のワークキャンプに参加する皆さん、待たずに先に食べちゃってごめんなさいね・・・でも安心してください。まだこれから食べごろを迎える26個のドリアンたちは、木の上で皆さんのことをちゃんと待ってますからね。
その他にも女王マンゴスチンの方も、たくさん小さな実をつけ始め、中にはもう既に足のかかとくらいの大きさに成長した実もあるんですよ。

先日、ワークキャンプやスタディツアーに参加する皆さんが、食べられるように肥料を蒔きました。
ドリアンやマンゴスチンを、自分の手で収穫して食べるチャンスってそうはないですもんね^^

是非この感動を味わうことができますように、スタッフ一同心より願っております。

cff dorian



では、今回はこのへんで。
(次回は、仔犬の成長についてご報告いたします。)


まこっちゃんでした。
23:51  |  CFFマレーシア  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。