FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

11月≪ 2008年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008.12/13(Sat)

ランブータンの収穫

本日の最高気温、33℃!
マレーシアはドライシーズンに突入した模様で、連日カンカン照りのアツい日が続いております。

さて、今回はバンブーハウスのもう一つの進展をご紹介する前に、CFFマレーシアのフルーツの収穫情報を皆さんにお伝えさせていただこうと思います。

以前にもご紹介いたしましたが、CFFマレーシア「子どもの家」建設地の広大な敷地内には、南国ならではの果樹がたくさん植えられています。
バナナ、パパイヤ、ランブータン、ジャックフルーツ、マンゴスチン、ドリアンまさにトロピカルワンダーランドです^^

先日、その中のランブータンの収穫期を迎えましたので、その収穫の様子をご紹介いたします。

皆様、ランブータンってご存知でしょうか?日本の果物屋さんではまず見かけることはないですよね。
見た目は、トトロに出てくる‘真っ黒くろすけ’の赤いバージョンといいましょうか、皮の周りに緑色の毛が所狭しと生えている、なんじゃこりゃって姿をしています。
その鮮やかな赤いを皮をはぐと、ライチのような白い実の甘くておいしいフルーツなのです。
そのランブータンを前回にも登場しました、さわやか青年Fredと二人一日がかりで収穫してきました。

ranbutan Fred

数百個の実の生る五つの木に登り、ナタで枝ごと切り落として獲るのですが、あの例の炎の蟻‘ファイアーアンツ’の度重なる攻撃で、作業は思っていたよりも過酷なものになりました。。。
手、腕、足はもちろん服や髪の毛の中まで入ってきて咬みついてくるんですよ^^;

木の上

そんな憎きアリたちの襲撃にも負げず、なんと60kgものランブータンを収穫することができました!
収穫中、絶えず食べながら作業していたので、それを足すと65kgにはなっていたんじゃないかと思います(笑)
翌朝、水道工事の費用の足しにしようと市場に売ろうと持って行ったのですが、どのお店もランブータンは腐るほどあるらしく、残念ながらお金に換えることはできませんでした。

ranbu-tan!.jpg
袋ランブータン



将来「子どもの家」の運営費の一部を賄う上で、敷地内の様々な果樹は大きな助けになると考えています。それには、果樹の手入れや肥料などの管理、収穫した果樹の販売ルートの確保などが必要です。
まだまだこの先の道のりは長いですが、近い将来この大地の恵みは、この地に住む子どもたちのために大いに役立ってくれると信じています。


ちなみに今回収穫したランブータンは、キャンプ中ホームステイでお世話になっている村の子どもたちの一足早いクリスマスプレゼントとになりました^^

まこと

スポンサーサイト
01:27  |  CFFマレーシア  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |