QLOOKアクセス解析

05月≪ 2010年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/17(Thu)

ごあいさつと他己紹介

はじめまして!

2010春マレーシア10回ワークキャンプ参加、
夏のマレーシア11回ワークキャンププログラムリーダーのかがめぐです☆

先日ブログに登場した、もぐもぐと同様、今年の春初めてCFFプログラムに参加した
ほやほやリーダーです。

しかし!なんと!まさかの!私が再びマレーシアに出発するまであと50日を切っています。
焦りもありますが、こんなに早くまたあの地に戻れるなんて本当幸せなことだと感じます。

最近のリーダーズは、過去リーダーズをはじめとする周りの方々のサポートを受けながら
説明会など広報活動を中心に活動しています☆
応援してくださるみなさまには日々感謝です。ありがとうございます。


さてさて今日は!わたしかがめぐから2010夏リーダーズのメンバー紹介をしたいと思います♪
あくまでも私のイメージなのでご了承ください☆

まずは
フィリピンワークキャンプリーダーから…

●みさ●(2009夏フィリピンワークキャンプ61回参加)
みさはとっても美しい!純粋な!素直な!とにかく素敵な心の持ち主です!
日常のいろんなことに感動出来る。素晴らしいことですね☆
みさの英語の発音の良さはもはやみんなの間ではネタになっています。笑

●ゆう●(2010春フィリピンワークキャンプ65回参加)
ゆうはお笑い界の申し子です。体張って生きてるみたいです!
好きなタイプは「私より体を張って笑いを取りにいってくれる人」らしいです。
いつもゆうは私好みの服を着ているので密かにチェックしています。笑

●まるめぐ●(2008春フィリピンワークキャンプ54回、2009夏マレーシアワークキャンプ8回参加)
まるめぐはみんなのお姉さんです!どこまでもついていきたくなります。笑
海外経験も豊富!噂に聞くと英語もペラペラのようです。
ぱっつん前髪とロングスカートが良く似合っていていつも可愛いです♪


続いて…フィリピンスタディツアーリーダー!
●もぐ●(2010春フィリピンスタディツアー19回参加)
もぐもぐは名前の通り食べることが大好きです。 もぐもぐの胃袋は宇宙だー!
最近の口癖は「なう」ですか?笑
まさに現代に必要な癒し系の女の子です。


次に…マレーシアワークキャンプリーダー!
●さおり●(2009夏マレーシアワークキャンプ7回参加)
さおりは誰もが認めるデキ女です。でも謙虚です。細かいところまで気を遣ってくれます。生まれ変わったらさおりになりたいと思います。笑
あんまり褒めすぎるとさおりはきっと嫌がるのでここら辺にしておきます。


最後に…マレーシアスタディツアーリーダー!
●さーや●(2009夏マレーシアスタディツアー3回、2010春フィリピンスタディツアー19回参加)
さーやと私はキャンパスは違うけど同じ大学仲間です☆
会うたびに違う髪型をしてるオシャレっ子です。
自問自答の独り言が多くてさーやを見ていると飽きません。

以上の6人が私のリーダーズ仲間です!

なんと!私を含め今回のリーダーズ7人中3人が「めぐみ」という名前なのです!
しかもみんな過去キャンプでの呼び名は「めぐ」…笑

ということで3人仲良く「めぐ」は捨てて、今回は私も「かがめぐ」に改名して活動中なのであります☆
紛らわしいけど覚えてくださいね


まだまだ出会ったばかりでお互い知らないことも正直多いですが、すでに私の大切な大切な仲間です。
これからお互いのことをもっともっと知って、さらに素敵な関係になっていきたいです。いや、なります!

2010夏リーダーズ、よろしくお願いします!!
非常に長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました!

今週金曜日に、国立オリンピック記念青少年総合センターで説明会を行います☆
お気軽に参加してくださいねっ

マレーシアワークキャンプ10回参加
マレーシアワークキャンプ11回プログラムリーダー 加賀屋恵
スポンサーサイト
03:42  |  CFFマレーシア  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/17(Thu)

2010夏キャンプに向けて

夏のキャンプを迎えるにあたって現地CFFマレーシアでは
お米と魚以外は8割「CFFマレーシアの土地で生産したものを献立として出す」
ことを目標に、現在準備に取り掛かっています。

●まず野菜は以下の野菜を植えました。スタッフのヘンリーいわく
8月までに間に合わすことができるそうな。
1)カンコン菜 2)日本きゅうり 3)つるむらさき 
4)ゴーや(日本製、マレーシア製の2種類)
5)春菊(日本の種) 6)ねぎ 7)タピオカ


●次はおなじみフルーツ
(1)バナナーまずは、南国と言えばバナナ。
第一回キャンプで植えたバナナ、当時は50センチくらいのものでしたが
今は5メートルくらいの大きさになっています。
写真のようにこんな実を結びます。おなじみ、ピサンゴレン(揚げバナナ)
の材料としては最高!
P6112228_convert_20080613220158_350.jpg

(2)パパイヤ
去年から今年のかけておよそ30株ほど植えたのが
どんどん大きくなりました。8月に合わせて、こないだ無農薬の肥料を
撒きました。
papaia_convert_20080613220240_350.jpg

(3)ジャックフルーツ
世界で一番大きなフルーツ。
川を剥くのに普通の包丁では無理。ナタを使わなければ皮を剥けません。
そのままフルーツとしても美味しいですが、煮込んで食べてもOK.

DSCF2184_350.jpg

(4)ランブータン
これは8月に熟すかどうか微妙なところですが、青い実がなってきました。
DSCN0015_350.jpg

(5)ドリアン
世界で最も値段の高いフルーツ。
マレーシア人は借金してまでも買って食べると言われています。
日本人は好きな人と嫌いな人はっきり分かれますね。
ちなみに私は大好きです。
P6022164_convert_20080610033026_350.jpg

(6)マンゴスチン
今年はなんとあのマンゴスチンが丁度8月から収穫期を迎えそうです。
(去年は10月からだった)
なので、今年の夏キャンパーはマンゴスチンが食べ放題、、という
かなりラッキーなことになりました。
1週間ほど前に撮影した現地のマンゴスチン。
今はこんなかんじです。
P6104516_350.jpg

8月には、、、
こんなに熟れたたくさんのマンゴスチンが毎朝食べられそうです。
DSCF2248_350.jpg

ちなみにCFFマレーシアには何種類のフルーツがあると思いますか?
実は上の6種類以外にも、あと11種類、、つまり何と
17種類もあることが判明。以下その名前と特徴。
(7)パイナップル
(8)マンゴ(第4回キャンプ、シニアスタツアの記念樹。あと2年で実がなる)
(9)ランサ(第3回キャンプの記念樹。実がなるまでにはあと8年かかりますが)
(10)プラサン(私の大好物!シューシーなライチというかんじ。第7回、8回記念樹。あと3年で実がなる)
(11)ドリアンブランダ(ドリアンとは全然違う。甘酸っぱい果物)
(12)テェンペダ(サバ州だけになる珍しいフルーツ)
(13)ジャンボアイール(赤い、甘酸っぱいフルーツ)
(14)マタクチン(マレー語で「猫の目」という意味。ライチのような味)
(15)タラップ(これもサバ州にしかない果物。面白い味で女性に人気が高い?)
(16)リマオ(マレーシアのレモン、第9回キャンプ記念樹。2年後に実がなる)
(17)リマオベサール(日本のザボンとそっくり。第10回キャンプ記念樹。3年後に実がなる)

ということでこれだけのフルーツがあるというのは魅力的ですね。
これからもどんどん、増やしていって10年後には果物と野菜と
花(蜂蜜作りのため)に溢れた、素晴らしい土地になっていることでしょう。
そこにたくさんの子どもたち。楽しみだね。

00:45  |  CFFマレーシア  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/04(Fri)

一歩を踏み出す"きっかけ"

こんにちは!
第20回フィリピンスタディツアープログラムリーダーもぐです^^



さて、私がフィリピンスタディツアーに出発したのは、今からちょうど3ヵ月前。



期待と不安で胸をいっぱいにして成田空港に向かったことを、今でも鮮明に思い出します^^



そんな私が、まさかこの"プログラムリーダー"だなんて・・その時は一瞬も想像しませんでした。



まだまだCFFと出会ってから
日の浅いリーダーですが
精一杯頑張りたいです!





私の、生まれて初めての海外経験は3ヵ月前のフィリピンスタディツアーでした。



3ヵ月前の私は支援の「し」の字も知らない。フィリピンについても知識はなく・・・・本当に本当に"無知"の状態での参加でした。



まさにゼロからのstart!


そんな私の旅では
フィリピンの空気を感じ
現地の人の暖かさや
大きな愛と幸せに触れ
それを共有できる仲間に
出会うことができました。



もちろん変えなければ
ならない現状も、
たくさんありました。



しかし、さまざまな
場所・環境で過ごしている
子どもたちの瞳と笑顔は、
どこに行っても変わらず
未来への希望、夢に溢れ
キラキラと輝いていたように
私には見えました。



「変えていきたい現状」

「守り続けていきたいもの」



そこには、たくさんの
一歩をふみだす"きっかけ"
が確かにあったんです。




ぜひマレーシアの
子どもたちにも
会ってみたいです。



きっとどこの国でも
子どもたちの輝きは
変わらないはず・・。



みなさんは、長い人生の中
どんな"きっかけ"を
いつ、どこで
見つけるんでしょう?







さて、次回の説明会は
6月6日18:30~20:30
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)にて行います☆



たくさんの参加者さんに
会えると思うと
今からドキドキ!!!



最後まで読んでいただきありがとうございます^^

今日もみなさんにとって明るい日になりますように・・



第19回フィリピンスタディツアー参加
第20回フィリピンスタディツアープログラムリーダー
栗原 萌(もぐ)
09:33  |  お知らせ  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。