QLOOKアクセス解析

08月≪ 2011年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/28(Wed)

「子どもの家」建設中!

現在CFFマレーシアでは「子どもの家」第二棟、第三棟を建設中。
第二棟は5月にマレーシアで大成功を収めたチャリティコンサートの収益で、第三棟は6月にこちらも大成功を収めたマレーシア応援団による「寄付キャンペーン」で集まった寄付で建設をしています。

第二棟建設のために集まったお金はマレーシアのたくさんの人たちの気持ちが、第三棟建設のために集まったお金は日本のたくさんの人たちの気持ちが、こもった大切なお金です。

たった一人の人や、たったひとつの企業から大きな額をもらった訳でないからこそ価値があり、子どもの家に思いがこもり、そこに人が集まり、喜びが集まっていくでしょう。

そんな建設中の子どもの家ですが、第二棟は現在こんな感じです。
children house5

大きさは第一棟と第三棟を2つ合わせた大きさです。第四棟まで作る予定だったものを、二棟合わせて大きいものを建設することにしました。ここはスタッフ棟になる予定です。

中はこんな感じ。
children house6

ものがないので広々しています。左の方ではドアを作っているように見せかけて、壁を建てつけています。この子どもの家の壁には新しい素材を使っています。頑丈なうえ慣れない素材のため、建てつけに時間がかかっていますが、その分良い家ができそうです。

よく見ると布団があります。完成を待たずして、すでにここに住んでいる人がいます。

この人です。
children house8
キャンプでおなじみ、多くを語らず汗を流す男アイディール。階段を作っています。
夜になると冷えるのですが、窓ないこの家で上半身裸で寝ている彼は、気持ちよく寝れるそうです。

気を取り直して

となりの部屋です。
children house4
天板を建てつけています。奥はバルコニーです。

この部屋にはトイレ&シャワーがあります。
children house3

大きな窓が2つあります。
children house2

窓からはこの夏のキャンプでできた池やロータリーが見えます。気持ち良い眺めです!是非直接子どもの家に見に来てください。ここで仕事に疲れたスタッフがコーヒー片手に外を眺めて「ふ~」という日もそう遠くないでしょう。

そして、こっちが第三棟です。
children house7

まだ取り掛かりたてです。日本のみなさんからいただいた「思い」がいま確かにこうして少しずつ「カタチ」になっています。

現在作業は11月の子ども入所を目指してコンストラクター5人が急ピッチで作業を進めています。なんの運命なのか彼ら5人はみんなフィリピン人。CFFはフィリピンからはじまり、たくさんのフィリピン人に支えられて今日までやってきました。そしてマレーシアでもフィリピン人に支えられ、子どもの受け入れに一歩一歩近づいています。

たけし
スポンサーサイト
14:51  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/28(Wed)

2011年夏プログラム終了

今シーズンCFFマレーシアとしては前シーズンよりもワークキャンプ実施回数を1回増やし、ワークキャンプ3回、スタディツアー1回を実施しました。

3月11日に震災が起こり「この夏は国内に多くのボランティアが集まって、参加者確保は難しくなりそう。」という思いが廻ったものの、ふたを開けてみれば参加者数は過去最高の83人(15,16,17回ワークキャンプ、7回スタディツアーの合計)。

それもこれも、CFFを支えてくれるたくさんの人たちのお陰です。「子どもたちのため、CFFマレーシアのために少しでも力になれるなら」と多くの人が口コミで、チラシを配って、ポスターを貼って、ネットで告知をして、広報に協力してくれました。
また今回も北は北海道から南は九州まで全国各地で、たくさんの人が自発的な思いから説明会を開催してくれました。

小さな力の結集!それこそがCFFです。
みなさんの心に、本当に心から感謝です。

今回のキャンプではまず15ワークキャンプで、13回キャンプまででこつこつと作られた「子どもの家」の前から続く道の舗装。ずっと下まで下る道を作って、ロータリーまで作りました。

15th camp
最初はこの状況から削り始めて、人の手で少しずつ少しずつ削って…

15th camp3
ごっそりと削って、セメントで道を作って、ロータリーが完成。
最後にはキレイに石を敷き詰めました。

続く16回ワークキャンプでは、15回ワークキャンプが作った道の先にある湿地帯をワーク地に池の補修作業と、池に水を供給するための水路作り、それから池を臨むテラスの土台と「子どもの家」第二棟下の駐車場を作りました。

16th camp
完成した水路

16th camp2
左手前が16回で補修した池

そして17回ワークキャンプでは
池を2つ!掘って掘って掘りまくりました。

毎日、池につかりびしょびしょにドロドロになりながらめげずにひたすら掘り続けました。

ここに
pond2

2つの池完成!
pond


2008年2月第1回ワークキャンプでは道づくりをCFFマレーシアの入り口から始めました。そしてバウンダリーに柵を作ったり、東屋を作ったり、橋を補修したり、バンブーハウスにテラスを作ったり、そして道づくりもどんどん続いていき…その道は坂を上って、下って池の前まで来ました。

CFFマレーシア少しずつですが確かに進んでいます。

たけし
14:38  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/27(Tue)

CFFM Open Church corner‏

スラマプタン!東京より安部かおりです。

マレーシアでは第7回のスタディーツアーが行われていた中、去る9月19日(祝)、東京三鷹の仙川キリスト教会で“オープンチャーチ”というイベントがありました。その一角でCFFマレーシアコーナー開き、現地での活動を近隣の方々に紹介させていただく機会がありました。この教会は2007年活動開始以来ずっとCFFマレーシアを応援してくださり、過去2回の報告会会場も提供してくださった教会です。現地のたくさんの写真やマレーシアで購入したサバ茶、黒・白胡椒、障がい者施設スリムンガシセンターのチョコレートなど並べ、吉野輝雄理事と私は訪れてくださったくさんの方々と楽しくお話しさせていただくことができました。その一風景をお送りします。

open church1open church2
16:04  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。