QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/28(Sat)

トゥリマカ通信 No7 本当のはじまり CFF事務局常勤スタッフたけしより

2009年5月、8歳の男の子と女の子の仲良し双子がCFFフィリピン子どもの家にやってきました。
3年ぶりの子どもの受け入れでした。
2人はすぐ子どもの家に慣れ、他の子どもたちと一緒に、食べることも、遊ぶことも、勉強も、寝ることも、本当に何に対しても一生懸命、笑顔に溢れた毎日を過ごしています。

今日まで、明日生きていく保証もないような厳しい環境の中で生きてきた子どもたち。
彼らが人の「手」で築いてきた子どもの家で新しい人生を歩みはじめる。
それはたくさんの人の「夢」であり、それをたくさんの人たちの「思い」という力でCFFは築いてきました。

CFFマレーシアでも2007年の開始から積もった4年越しのたっくさんの「思い」がもうすぐ形になります。
でも、子どもたちの人生はそれでハッピーエンドになるわけではありません。
子どもたちが抱えるバックグラウンド、それは幼い子どもひとりが背負うにはあまりに重すぎるものです。
それでも、いつの日か子どもたちはそれを背負いながらも、自分自身の力で立ち上がり社会の中で生きていかなくてはいけません。
だからこそ、子どもたちにとっても、CFFマレーシアにとっても本当に大切なのは「子どもの家」に来てから。未来に向かって、共に生きていくことなんだと思います。

いまCFFマレーシアにもっとたくさんの力が必要です。
子どもたちにはたくさんの愛が必要です。
ここからが本当のはじまりなんだと感じています。
スポンサーサイト
00:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。