QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.06/25(Sat)

トゥリマカ通信No11 まっちゃんの想い

みなさん、こんにちは。
一昨年の第二回、昨年の第三回マレーシア社会人ワークキャンプに参加しましたまっちゃん(松尾 章司)です。
普段私は、事務作業でデスクワークが中心なので、実際にワークキャンプに参加してみて思ったことは体力不足を思いっきり痛感致しました。

第二回社会人ワークキャンプでは、バンブーハウス前の食堂前に道を作りました。
機械を使わず手作業で全てを行いました。慣れない環境の中で、軽い熱中症で、他のキャンパーに心配や迷惑を掛けてしまいましたが、日本人、マレーシア人キャンパー皆の力で完成出来た事は物凄く感動しました。
キャンプ期間中にワークを始める前に皆で輪になってMCコールをするのですが、物凄く気合いが入りました。

第三回社会人ワークキャンプでは初めてマレーシア人と日本人とペアーを組んで池作りの作業をしました。
具合が悪くなったりせずワークをしっかりやり遂げたいというテーマを持ってキャンプに挑みました。
しかし、目標を達成する事が出来ずに自分の中では悔いの残るキャンプになってしまいました。
それでも第二回のキャンプの時に登る事が出来なかった丘の上に登ったり、ワーク最終日に皆を代表して稚魚を放出したりMCコールの声掛けを自分から進んで出来たりした事は自分の中で大きな励みとなりました。

DSCF0574.jpg


そして今、私は日本で「CFFマレーシア応援団」の活動に参加しています。
自分は社会人として毎日仕事をしていて、とても忙しく、精神的にも厳しいときが多々あります。
それとともに、応援団の活動は、ほぼ毎週1回以上はミーティングがありますし、
6/19からの寄付キャンペーンが始まるにあたって難しい課題を夜遅くまで話し合うことも増えてきました。

しかし、私は、CFFマレーシア代表の安部さんとお連れ合いのかおりさんとのつながりが長く、沢山お世話になったので、恩返しがしたいという気持ちがあります。
そして、二回の社会人ワークキャンプに参加した中で、「自分にとって満足出来た部分(参加出来た事)」とともに「満足出来なかった部分(自分の中で設定していた課題がクリア出来なかった事)」があって残った悔しさ、その悔しさがマレーシア「応援団」に入団して何か力になりたい!というバネになっています。
いよいよ子どもを受け入れられる日がもう目の前に来ています。
CFFマレーシアに集まったたくさんの仲間たちの想いと願いが子どもたちに届けられることを心より祈っています。

CFFマレーシア応援団、第二回・三回マレーシア社会人ワークキャンプ参加
松尾 章司
スポンサーサイト
07:21  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。