QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/15(Fri)

トゥリマカ通信#14 CFFジャパン理事まっきーの「想い」

「何をするかではなく、どう生きるかを考えなさい」
CFF創設者の二子石章氏がおっしゃられた言葉です。

こんにちは。CFFジャパン理事の木村真紀子(まっきー)です。

CFFで活動するのはアフターファイブと週末の顔。普段は普通の会社員です☆

学生時代、CFFマレーシア設立当時のツアーに参加し、それ以来マレーシアが好きで、毎年訪問しています。

CIMG3019.jpg

中華系、インド系、マレー系などさまざまな人種や文化が同居して暮らすマレーシアという国に魅力を感じ、そして、その国で新しい福祉施設のかたちを実現しようとしているCFFマレーシアの活動を応援しています。

経済、環境、福祉の面から100年後も持続可能な児童養護施設とはどんなものができるのだろうとワクワクします。

子どもの家に様々な事情から親と暮らせない子どもたちを受け入れるまであと一歩!

子どもたちがやって来る日が近いのはとてもうれしいけれど、きっとそれが実現しても貧困、戦争、飢餓、差別など世界が抱える問題の解決にはまだ遠いでしょう。

しかし、子どもの家で夢と希望を抱いて育った子どもたちが社会に出たとき、子どもの家に集う青年たちが体で学び、それを発信していくとき、少しずつ世界は変わっていくのではないでしょうか。

私も汗だくで遊んだ子どもたちから、泥だらけで作った子どもの家に続く道から、ともに未来を切り開こうと協力し合った仲間たちから、たくさんの“気づき”をもらい、それをかたちにしている途中です。

普通に学校に通っていたり、働いたりしていたら、知っていてもなかなか向き合うことのない「社会の問題」に触れ、行動する場を与えてくれたCFFに感謝です。

自分が置かれた状況や職業はなかなか変えられませんが、今日何をするか、明日何をするかは自分次第です。

何に時間を割くか、どんなものにお金を費やすかを意思を持って決めることは、どんな姿勢で生きていくかにつながるのではないでしょうか。

それが、「何になるかではなく、どう生きるか」その第一歩なのかな、と感じています。

あなたも、想いをかたちにしてみませんか?


■寄付キャンペーン明日までです!■
詳しくはこちらから!!!
http://sin-masaki.com/cff.html

スポンサーサイト
23:26  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。