QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/16(Wed)

【トゥリマカ通信season2 No6】「share~16回キャンプの気づいたもの」

 2011_0903_161654-P9032096.jpg

私達は、8/24~9/4の12日間、みんな大好きバンブーハウスでワークキャンプを行いました。


今回、私達は養殖用の池と水路や、ゲストハウスのガレージとテラスの土台を作成しました。
RIMG0194.jpg
ワークは、みんなで声をかけ助け合いながら最終日まで、先にマレーシアでワークをされていた先輩方が作ってくださった道などに助けられながらやり遂げることができました。



夜のセミナーでは、普段ではあまり深く考えたことのないテーマについて考え、みんなとshareをしました。
私達は、今回このshareの大切さをいろいろなことを通して学びました。
日本では、自分の気持ちや考えを相手に伝えるということが、苦手な人が多かったのですが、このキャンプではマレーシアという異文化や大自然の手助けもあり少しではありますが、克服できたと思います。
DSC02114.jpg



私達が、shareした考えで一番印象に残ったのは、私達はCFFという媒体を通して世界を変える手助けをしてるんだという考えです。
DSC02163.jpg


これは、キャンプに関係している現地の人がバンブーハウスで実践している自然との共生を各地域に持ち帰りそれが国全体に広がりやがては世界に広がるのではないかという考えからきたものでした。
これが、実現するのは何百年かかるかもしれません。また、実現しない可能性も高い。
しかし、私達がここで辞めると世界が変わる可能性がなくなってしまう。

だから、行い続けるし、むしろ続けたい。

この考えをもとに、私達は先輩方かうけっとたバトンを次のm17に渡すために全力でワークをしました。
このキャンプは、他にも様々なことを学びキャンパーみんなの人生にとって大切な一時になれたのではないかと思います。


RIMG0226.jpg

こんな素敵な体験をさせていただいたCFFの益々の繁栄とCFFに関わった皆様の幸せを祈っております。 



              第16回マレーシアワークキャンプ 阪野佳弘より





【よりみち大学もうすぐです!!!】
■マレーシア応援団主催■
「マレーシアにおける環境教育活動とコンポストの取り組み
~サスティナブルビジョンの実現へ~」

○とき11月20日(日)14:00~16:30(13:45開場)
○ところ:JICA地球ひろばセミナールーム403
○参加費:会員300円 非会員600円

○お申し込み:マレーシア応援団イベントチーム
cff.mpj.ivent@gmail.com


スポンサーサイト
21:05  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。