QLOOKアクセス解析

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/01(Thu)

【トゥリマカ通信season2 No8】僕の『CFFマレーシア』

こんにちは!
CFFジャパン・インターンの横山拓美(たくみ)です。
いつもはフィリピンのCFF子どもの家で活動している僕ですが、10月20日~26日まで、CFFマレーシアに滞在してきました。
CFFと出逢って3年近くが経ちますが、今回が初めてのCFFマレーシアへの訪問でした。
CFFマレーシアの現在の様子と、実質6日間ほどのマレーシア滞在の中での気づきについてシェアしようと思って、今回ブログに投稿させてもらいました。

大自然の中にあるCFFマレーシア。
自然の中に溶け込み、自然と共存している。
自然の中に住まわせてもらっている。
そんな表現がここには合っている。
そんな印象を受ける場所でした。

IMG_2443.jpg




いくつもの果樹が立ち並び、
無農薬で育てられている野菜があり、
ワークキャンプでつくられた池の中には魚たちが住んでいる。
山ではゴムの木が植林されていて、
建物も第二棟の建設が終わり、第三棟の建設も着々と進んでいる。

1ヶ月後に子どもが入所する。
4年という歳月が掛かって、ようやくこぎつけたスタートに今、立とうとしている。
そんなタイミングでマレーシアを訪問できたことに、心から感謝しています。
0回スタディツアーで1本の杭が打ち込まれてから、4年。
これまでの17回のワークキャンプ、3回の社会人キャンプが築き上げてきたつながりをそこに感じました。
今までのキャンプでそれぞれに築いてきたものが、”今”に、たしかに繋がっている。
そして今というときも、まだ見ぬ未来に繋がっている。
そういった希望を強く抱くコトができました。

ボルネオ島に広がる自然は本当に雄大で、そのスケールの大きさを前に、自分が小さく思えたけど、それは決してネガティブなものではなく、小さな自分が今たしかにここにいるというコト、その意味がきっとあるというコトを考えるきっかけでした。

自然に囲まれた、約6日間という短い生活だったけれど、この6日間はすべてがシンプルでした。
生活も、思考も、感情も、”シンプル”という言葉が、本当にぴったりだと思う。

朝起きて、掃除をして、朝食を食べて、他のスタッフたちと仕事をして、昼食食べて、仕事して、…。
仕事も草刈りと、土曜には教会のユースたちとした池の拡大作業。
何か特別なことをしてきたワケじゃない。でもたしかに気づくものがあった。
きっと世の中のコトって本当はシンプルなコトばかりなんだろうな。
それを複雑にしてしまっているのは、僕らの頭。
“頭でっかちになっちゃいけない。心でバランスを”、ってフィリピンであるスタッフが言ってたけど、ホントその通り。
本当に大事なものはシンプル。


IMG_2446.jpg



すでに触れたように、1ヶ月後には子どもたちが入所します。
CFFマレーシアはこれからもたくさんの試練に出逢うとは思いますが、子どもたちの未来を想い、CFFマレーシアのこれからを願っています。


CFFJインターン  横山拓美
スポンサーサイト
00:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。