QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/15(Thu)

【トゥリマカ通信season2】I believe in future(12月14日配信)

私がCFF マレーシアの土地に、初めて訪れたのは約4年前の2007年9月の終わり頃。

その時はまだ、キャンプも始まってはおらず、見渡す限りの広大な土地とジャングルと、壊れた橋とがそこにあり、かつて果樹園だったという土地のもつその可能性と、ここから広がる夢と希望を自身の胸に信じ、未来へとただただ想いをはせるばかりでした。


しかし、4年後のこの11月、落成式のその時にその同じ場所に確かにあったものは、


l_c5b4ba5aaefbaa797bb4ef6614b4f5cb4df9a65c.jpg




子どもたちの入所を迎え、その喜びに溢れる大勢の人々の笑顔

l_ada504fc7dbec31a0e2b5f078492f4de4696feff.jpg



「このCFF マレーシアは、そして入所する子どもたちは私たちの希望だ」と語る若いスタッフの想い


「私たちのCFF へようこそ」と迎えてくれる村人たちのあたたかなおもてなし


今までの道を、ともに築いてきた沢山の青年ボランティアや、寄付などにより支えてくださった方々への心からの感謝

l_f0b79286cf64a65b78c751e6bb923fb962bdd9a3.jpg



安らぎと癒しの場としての木々や川や、ホタルの瞬き


込み上げる熱い想いとともに、密かに流された涙


子どもたちと、これからのCFF マレーシアの確かな未来を信じるたくさんの心



入り口の橋から伸びる、その道は、
まるで私たちが皆で未来を信じ歩んできたその道のりそのもののように見えました。


皆の小さな小さな一歩一歩が、今確かな道となり、夢が現実となり、この日迎えた子どもの受け入れへと繋がりました


この日の出来事がまた、さらなる夢と希望へとつながり、次の未来への一歩へ

l_822b7986f1c89deed45030ce24703f7bfeb3fd7c.jpg





I believe in future

ゼロが確かに1になった日を迎え
これからがまた始まりです。


森野美聡
スポンサーサイト
01:14  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。