QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/31(Sat)

【トゥリマカ通信season2】12月31日配信『子どもたちが正式入所・「子どもキャンプ」でスタート』

11月28日の開所式を終えて、子ども達はいったん、学校編入や健康診断などのため、各自の地元へ戻り、手続きを終え、12月27日CFFマレーシア子どもの家に正式入所しました。



FlowersinCFFM.jpg



 午後2時到着予定が、悪天候により3時半に到着。
ちょっとはらはらしながらも、CFFマレーシアの現地スタッフの他に理事や会員、サポーターもかけつけ、入所を祝いました。
パスターチン副代表理事から一人一人にお祝いのプレゼントが渡され、サロージャさん(落成式実行委員長)からは手作りのケーキが振る舞われました。

子ども達はそれぞれに親と暮らせない特別な事情を抱えていますが、私たちは彼らの到着を心から歓迎し、祝いました。
たった一つの小さなリュックサックのみで来た手ぶら同然の子どもたちですが、これからはその小さなリュックに入りきれない沢山の夢や喜びが満たされることを願って、マレーシアの讃美歌を全員で歌いました。

VegitableFarm.jpg


それは子ども達にとっても私達にとっても、これから一緒に暮らしていくという事を実感した瞬間でした。
本当にささやかな入所セレモニーでしたが、そこに参加したすべての人の心が繋がり、豊かさにあふれた素晴らしいセレモニーでした。


 さて、27日の到着と同時に早速「子どもキャンプ」のスタートです。
このキャンプでは「子ども達が自分で管理する無農薬野菜畑」を作りながら、スタッフと子ども達の交流を深めます。
スタッフと子どもがペアになって、ワークも食事もマンディもそして寝る時も一緒です。
今日で3日目になりますが、すでに立派な野菜畑が出来上がりつつあり、子ども達もスタッフもとても楽しそうです。
お互いの存在を喜びあっているのです。

 昨夜のシェアリングでは「Believe」の歌詞を使って、その歌詞の意味をみんなで調べ、考え、感じたことを伝えあいました。
「I believe in Future」と、疑いなく未来を信じるこの歌詞の力強さに改めて、励まされました。
例えば、こういうフレーズがあります。

「今未来の扉を開ける時、悲しみや苦しみが、いつの日か喜びに変わるだろう」。

未来を信じる心のみが、それを可能にするのだと思います。

「希望」はそこに「その希望を信じる心」がなければ、もはや「希望」にはなりえません。
「信じる心」と「希望」はセットあり、切り離すことはできないのです。
この歌を歌っている途中でスタッフが自然に子ども達を抱き寄せていました。

CFFMstaff.jpg


どんない辛い事があっても、未来を信じること、きっとこの歌の本当の意味を噛みしめていたのだと思います。

子ども達の入所、それはCFFマレーシアにとっても、子ども達にとってもゴールインではなく、スタートです。みなさん、2011年度も温かくCFFマレーシアを応援してくださりありがとうございました。CFFマレーシアを代表して心からお礼申し上げます。2012年もまた、変わらぬご支援のほどよろしくお願いします。
 次回は子ども達の様子と子どもキャンプについて報告させていただきます。
 
 
スポンサーサイト
19:55  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。