QLOOKアクセス解析

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.04/12(Thu)

子どもと一緒の子どもの家でのキャンプ

写真

今回のキャンプは、「子どもの家」に子どもが入って初めてのキャンプでした。
マレーシア第18回(以後M18と省略)のキャンプに彼らの存在は、
とても大きなものでした。自分自身、あの子どもたちのことは本当の弟だと思っています。
そしてこの子達はCFFの未来です。

写真(1)


M18のキャンプでは、子どもたちの生活のために魚を養殖する池を作りました。
毎日みんなドロだらけになりながら、疲れているのにみんな笑顔、声を掛け合いながら、
ときには歌を唄い取り組むことが出来ました。それも子どもたちの存在のおかげです。
自分たちが作っている池が、子どもたちのためになるという意識があったので、
辛いワークも辛くなくなりやり遂げることが出来ました。

毎日の夜のシェアの時間は、日本で普通に生活していたら考えないことをテーマに考え、
みんなでそれについてシェアしました。このシェアの時間で自分が感じたことは、
このキャンプが楽しいだけではないということです。
時には考えることが苦しく、考えることをやめてしまおうとすること、みんなの目を気にして
自分の本当の考えをシェアすることをためらうこともありました。
しかしM18のメンバーみんなが、苦しい中自分の考えをシェアしている姿を見て、
自分も今まで心の奥底にしまっておいた辛い過去をシェアすることが出来ました。
現地ディレクターが、自分にシェアするとは、話す、放す、離すことによって
心が恐怖から開放され、愛と優しさに満ちると教えてくれ、
自分もあのシェアの時間と仲間たちがいたから 人の目を気にして怖がっていた自分を、
変えることが出来たんだと思います。

写真(2)


バンブーハウスで生活した時間は、ワークやシェアはもちろん、みんなで一緒に
「いただきます!」 と言ってから食べたご飯は1人で食べるご飯の100倍おいしく、
みんなで見た青空、夕日、星空はとてもきれいでした。
周りの大自然は小さいことを気にしない、大きな心をくれました。
この素晴らしい土地で共に過ごすことが出来た、バンブーハウスで出会ったM18の
キャンパー、CFFマレーシア現地スタッフ、そして4人の子どもたちは、自分の家族です。

これから、自分はバンブーハウスでの経験を多くの学生に伝え、
一人でも多くの人がバンブーハウスに行ってくれるよう活動していくつもりです。
一生の財産になる経験、人との出会い、目に見える人との繋がり、
目には見えないけれどバンブーハウスにある、人との繋がりを多くの人に感じてほしいです。

そして自分もバンブーハウスの家族に会いに、また新たな素晴らしい出会いを求め
あの土地に帰りたいと思っています。


写真(3)


マレーシア第18回キャンプキャンパー太田浩司
スポンサーサイト
00:07  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。