QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.05/07(Mon)

未来の基盤を創ること

未来の基盤を創ること

CFFジャパン理事・ソーシャルワーカー 大矢 裕子(第14回CFFフィリピン・ワークキャンプ参加、同第27回リーダー、第3期インターン)

はじめまして。私は現在日本の児童福祉施設で働いています。今の仕事に通じるきっかけがCFFとの出会いでした。

第14回CFFフィリピン・ワークキャンプ(2001年8月)の開始は、初めてCFFフィリピン「子どもの家」に子どもが入所した直後でした。
マニラのホテルで、子どもが2人(10歳女児、14歳男児)入所したと報告がありました。子どもたちは、実年齢よりはるかに小さい印象でした。
偶然にもキャンプには同年齢の日本人が参加していたので、男の子は始めてみる日本人にも興味津々で、すぐに打ち解けてくれました。女の子はまだ生活にもなれず、スタッフも彼女に対してどのように接してよいのかわからない様子で、一日中テレビの前で横たわっている印象でした。

9ヶ月後、再びインターンとして「子どもの家」に戻るとそこには7人の子どもがいました。あのときの女の子も成長し、小さい子の面倒をよくみていました。
その後女の子は家庭に戻り、CFFフィリピンの理事の支援の下、大学に通っています。去年(2011年8月)再び訪れたとき、彼女の家を訪ねました。
すっかり大人の女性になった彼女に年齢を聞くと、私が始めて彼女に出会った年齢になっていたのです。

私はまだCFFマレーシアには行ったことがありません。ただいえることは10年という歳月で沢山の子どもたち、家族そして、青年たちの未来が創られたということです。

CFFは未来の基盤を創る団体です。ぜひ私たちと一緒に沢山の子どもたちの未来の基盤を創って行きましょう!!

おおやん写真

写真は2005年に日本人有志により寄付されたジープニー(子どもの家にジープニーを贈ろうキャンペーン)。
現在子ども達の学校の送迎に利用しています。

スポンサーサイト
12:02  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。