QLOOKアクセス解析

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/07(Thu)

忘れてはいけないこと

マレーシア・ワークキャンプ19回に参加した、升田成美(まっすー)です。
私がこのブログを書いて良いのでしょうか…。いや、自信を持って心にあるがままを書きたいと思います!

個性豊かで何度もぶつかり合ったけど大好きな、m19回の日本人・現地人キャンパー、スタッフの方々、そして4人の子ども達。この人達と共に過ごした12日間は私の永遠の宝物であり、語っても語りきれないもの。

image001.jpg
ワーク最終日の写真。私達は養殖用の池を作りました。


子ども達。私達がワークをしている最中、午後学校組の2人の子どもは車で学校へ向かいます。学校で少しずつ英語を習っているようで、学校に行く時、「 I miss you! 」「I love you !」など、笑顔で話しかけてくれます。子ども達はバドミントンが大好き。それから鬼ごっこも。思い返すといつも走り回っていた気が…!最年長の子はギターがとても上手!
子ども達の笑顔は、私達を笑顔にしてくれます。この笑顔を守り続けたい。



私は子どものいない「子どもの家」を見ていません。キャンプ終盤、ディレクターより第1回~18回のキャンパーが創り上げてきてくれたものの説明を受けながら、「子どもの家」の敷地内を歩き回りました。私が来た時には既にバンブーハウスがあり、道があり、橋があり、電気まで通っており…子ども達がいました。これまで、本当に多くの方々が強い願いを込めて関わってきて、ようやく4人の子ども達をCFFマレーシアに受け入れる事ができた。この事を決して忘れてはいけない、と心から思いました。



私達は最終日にパイナップル植えを行い、丘の上から「子どもの家」を見ました。その時、“未来”という言葉が自然と心に浮かび上がってきました。
子どもは愛されるべきです。世の中には、どうしようもない事もあるかもしれない。だけど、どうしようもないの一言では終わらせたくない。自分にも何かできる事が必ずある。まずは伝える事から。そう思うと、エネルギーが湧いてきました。

image002.jpg


「人って、こんなにも温かいんだ。」
と、改めて実感する事ができたキャンプ。本当に、本当に行って良かった。これからも楽しく、時には葛藤を繰り返しながらも、頑張っていきます。
すべての出会いに感謝。
また、みんなで「believe」歌いたいな。

     升田 成美(まっすー) マレーシア・19回ワークキャンプ参加
スポンサーサイト
00:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。