QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/25(Mon)

CFFマレーシアにずっと昔から関係してきたCFF会員の土屋です。
5月7日配信の記事を楽しく読ませていただきました。

2001年に第14回フィリピンワークキャンプに参加した時に、「子どもの家」に始めて二人の子どもが入所したと書いてあります。今から11年前ですね。CFFマレーシア「子どもの家」の入所は、昨年の12月で4人でした。フィリピンに比べてちょうど10年後となりました。
入所の開始は、実は3年から4年の準備期間があったこと、その裏で多くの人の願いがあったことを思うと考え深い物があります。
私のスタートは2007年9月に行われた第0回CFFマレーシアスタデーツアーでした。参加者は15名でしたが、見学、夜のシェア、またバスの中でまで、CFFマレーシアの理念はどうあるべきか熱い議論を交わし、大変思い出深い旅でした。
KICX1542.jpg

その後すぐに始まったワークキャンプで、日本人と現地の青年と力を合わせて、「子どもの家」の建設を進めてきたわけです。現地のNPO法人の設立が2008年4月ですから、入所まで3.5年かかりました。 私たちは「未来の基盤を創るため」にかかわって来たことに誇りを持っています。そして、たとえ小さなことでも、いや、小さいことだからこそ、勇気をもってかかわって行きたいと思っています。10年後のCFFマレーシアがどうなって行くか実に楽しみに見守っていきたいと思います。

土屋 弘道
スポンサーサイト
00:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。