QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07/11(Wed)

◇Gingga(ジンガ、日本名ユタカ)18歳を、安部さんよりちょっぴりご紹介◇



彼はおしゃれと日本文化が好きな今時の若者です。

昨年2月からCFFマレーシアで働き始めた当初は朝も起きれず、昼ご飯を食べた後もずっと寝ていて、仕事も何をやらしてもできず

大変な怠け者でしたが、最近は真面目に働くようになり、顔もりりしく、子どもたちにも一目置かれているようです。

今回の原稿では彼の、CFFで働くことの喜びだけでなく、故郷を離れて働くが故に揺れる青年の心が

書かれています。

彼はお母さんのもとに帰ってあげたいけど、故郷に帰れば仕事はなく、もとの堕落した生活に

戻ることを畏れ、今はそれができない、毎日のように電話がかかってくる母親に申し訳ないと泣いていました。

このような辛い思いをしながら若者は次第に自分の人生の意味を考え始め、成長していくのです。

子どもたちでなく、若いスタッフにも自分の将来をしっかり考え、立派に育ってほしいと願ってやみません。



---------------------------
ジンガの今の想い
---------------------------


僕はCFFで働けていることをとても嬉しく思っています。

外国の、特に日本の友達が沢山できることや、ここにいる子どもたちが好きだからです。
CFFで、一つの家族となれたことがとても嬉しいのです。

一方、故郷で暮らしている僕の家族…母親、兄、姉を恋しく思う時があります。
時々、故郷が恋しくてたまらなくなり、帰りたいという衝動に駆られて苦しくなります。
母親や兄も、僕に仕事を辞めて故郷に帰って一緒に暮らそうというのです。

でも、故郷に帰るという決心はなかなかつきません。だって、僕はお父さん(安部)と、
ここにいる子どもたちやCFFの人たち、そして、日本にいる友達(出会ったキャンパー達)のことが大好きだからです。

特に子どもたちはいつも幸せそうで、自分もそんな子どもたちといると、
幸せな気持ちになれます。こんなみんなの存在が、僕の、”田舎に帰りたい”という気持ちを忘れさせてくれます。


神様や、日本のみなさんが、CFFマレーシアのこども達の新しいバンを買うために、
長い間一生懸命寄付金を集めてくれていることに、心から感謝しています。

日本のみなさん、子どもたちのために、一緒に頑張ってくださり、
本当にどうもありがとうございます。


みなさんの想いに心から感謝して

Gingga Anak Inen(ジンガ)


——————————————————————————————————————————————————————


Saya sangat gembira bekerja di CFF kerana depat banyak kawan dari Negara luar terutama dari Negara Jepun

Dan juga budak budak yang ada di sini



Saya gembira kerana dapat menjadi satu keluarga di CFF. Tetapi satu masa saya sangat rindu keluarga saya di kampong.

Rindu dengan Mama,abang dan kakak.



Saya satu masa macam saya rasa mahu betul balik kampong tetapi sangat susah. Mama dan abang pun suruh saya supaya

Berhenti kerja dan tinggal bersama-sama mereka di kampong, tetapi saya sangat susah buat keputusan sebab saya sangat mengasihi Otosan(Abe)

Kanak-kanak, semua yang berada di CFF dan juga kawan-kawan di Jupen semua.



Semua itu boleh saya lupakan kerana budak-budak selalu happy-happy dan saya pun ikut gembira bersama mereka.

Dan saya sangat bersyukur kepada tuhan dan kawan-kawan di Jupen kerana sanggup kumpul duit derma lama-lama

Dan simpan sudah itu kepada CFF malaysia untuk beli van baru untuk kanak-kanak

terima kasih untuk kerjasama kawan-kawan di Jupen yang bekerja keras untuk kanak-kanak.



Saya sangat gembira atas semuanya sekian terima kasih.



Gingga Anak Inen

photo.jpg
左からみちか、ミッチェル、ジンガです。

photo (1)
子どもにもとても慕われています

photo (2)
ジンがはコンポストの担当で今は政府関係者などの研修もインストラクターとして教えることができるようになりました!
スポンサーサイト
15:03  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。