QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/25(Thu)

CFFマレーシアその後 4 ひよこ編~

DSCF0255.jpg

鶏小屋の完成。森から不必要な木を切り出し基礎構造を作り
竹を切り出し、床と壁を作りました。湧水から水道もしっかりと引いています。
CFFマレーシアのスタッフは村の若者なので、こういうことは本当に得意。
生き生きと仕事をしていました。彼らの能力がいかんなく発揮されるから
彼らにとっても遣り甲斐があるんですね。
それにしても見事につくるものです。屋根はニッパヤシの葉を編んだものです。

さてこの鶏小屋も「セルフサステイナブル」ビジョンの一環です。
土地の利点を最大限に生かすという視点に立った場合
まず第一にその土地から何かを「生産」ということで
マンゴスチンや、トウモロコシを紹介しましたが、
第2に「循環」が挙げられますね。
鶏はもちろん食用として「食肉」として食し、「卵」を収穫できるのですが
それだけではなく、鶏の糞が土の肥やしになります。
私たちの天敵「ファイアーアンツ(ものすごい攻撃的な蟻で噛まれるととても痛い)
をパクパク食ってくれます。

ひよこを30匹買ってきました。コタキナバルにひよこを売っている専門店があるのです。

2009_0207ひかり生後3日目0001

ある程度大きくなったら、つがいにしてどんどん増やします。
食用として育てるのですが、ぴよぴよと可愛いです。
スタッフ3人にかかる食費だけでも、彼らは若くよく食べるのでこうやって
自給自足にしていかないと、出費はけっこうかさむのです。
これまで野菜と果物はあったのですが、これに晴れやかに「肉」が加わりました。

鶏小屋の周囲の竹にはビニールを巻くのですが、理由は朝夕の冷え込みでひよこは
死んでしまうからです(風が入らないようにするため)
また、夜はライトを照らし、中を温めなければなりません。
本来はお母さんの腹の下にまだいるわけですから、温かい環境であることが
とても大事なのです。
というわけで、仕事はワイルドですが、扱う生き物はとても繊細なのです。
スタッフはワイルドに仕事をする逞しさと、繊細で細かい知識と気配りの両方が必要なのです。

2009_0207ひかり生後3日目0005

こちらの中堅どころの大きさの鶏はAyam kampong(田舎の鶏という意味)といって
獰猛で元気な地鳥です。
近所の人からただでおすそ分けしてもらいました。
獰猛なためひよこを襲わないように真ん中に柵を作っています。

2009_0207ひかり生後3日目0028

黄色い丸いのは餌入れ。白いのは水です。
水は鶏にとっても命で、ひよこは半日でも水をあげなければ死んでしまいます。
ネルソンがうれしそうに、鶏の引っ越しの御世話をしています。

2009_0207ひかり生後3日目0063

自分たちの家を認識するまで一週間。
あとは放し飼いにしていても、自分で小屋に戻っていきます。
ただし、ひよこはまだ外に出せません。
なぜなら、ひよこの天敵、蛇に襲われる可能性があるからです。

小さなひよこたちの到来で、またにぎやかになりました。




スポンサーサイト
03:19  |  CFFマレーシア  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●ひよこ

わあーー!かわいい!!

食用として生き物を育てると、食べ物のありがたみや命の大切さを実感しますね。
日本にいるとつい忘れがちになってしまうけど、生きていることへの感謝の気持ち、忘れないようにしたいです。
Mami | 2009.06.27(土) 22:34 | URL | コメント編集

>Mami

コメントありがとう。
まだまだ報告事項がたくさんあるので、楽しみにしててください。
更新頑張ります。
あべ | 2009.07.03(金) 18:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。