QLOOKアクセス解析

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/25(Mon)

CFFマレーシアにずっと昔から関係してきたCFF会員の土屋です。
5月7日配信の記事を楽しく読ませていただきました。

2001年に第14回フィリピンワークキャンプに参加した時に、「子どもの家」に始めて二人の子どもが入所したと書いてあります。今から11年前ですね。CFFマレーシア「子どもの家」の入所は、昨年の12月で4人でした。フィリピンに比べてちょうど10年後となりました。
入所の開始は、実は3年から4年の準備期間があったこと、その裏で多くの人の願いがあったことを思うと考え深い物があります。
私のスタートは2007年9月に行われた第0回CFFマレーシアスタデーツアーでした。参加者は15名でしたが、見学、夜のシェア、またバスの中でまで、CFFマレーシアの理念はどうあるべきか熱い議論を交わし、大変思い出深い旅でした。
KICX1542.jpg

その後すぐに始まったワークキャンプで、日本人と現地の青年と力を合わせて、「子どもの家」の建設を進めてきたわけです。現地のNPO法人の設立が2008年4月ですから、入所まで3.5年かかりました。 私たちは「未来の基盤を創るため」にかかわって来たことに誇りを持っています。そして、たとえ小さなことでも、いや、小さいことだからこそ、勇気をもってかかわって行きたいと思っています。10年後のCFFマレーシアがどうなって行くか実に楽しみに見守っていきたいと思います。

土屋 弘道
00:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/16(Sat)

安部さんより マレーシアの子ども達

子供たちは昨年12月に入所してから半年が経ちました。
4人ともあまりの元気さに私たちスタッフは毎日てんてこまいです。
片づけ、勉強、いったいどうすればできるようになるのか、未だに良い方法がみつかりません。
それらに追われる毎日でもありますが、実はそれらよりも何倍も大切にしているCFFマレーシア3か条があります。

それは
1. けんかをしたらお互い謝ること
2. 謝った後は赦しあうこと
3. 年上は年下をかわいがり、年下は年上を敬うこと

全部をまとめて一言でいうと、愛し合うことということになるでしょうか。

ありふれた言葉かもしれませんが、これが生活をしていくうえで、教育やしつけよりももっと大事なものです。
けんか、いざこざは子供にとっては仕事のようなもので、尽きません。
人間だから違いがあり、違いがあるからお互いの間にストレスが生じます。
それは子どもの世界も同じで、成長するためにも必要な経験ですが、その成長のカギは「ごめんなさい」が言えるかどうかにかかっています。
これ、簡単そうで難しいですよね。
赦すことも簡単ではありません。
それからお互いを尊重することも。

子どもたちが喧嘩したときに、「お互いに謝る」ということを「スタッフとして」或いは「大人として」させながら「自分たちはそれができているだろうか」ということを思わされます。
 子供を預かり育てるということは、自らの生き方を問われていることでもあるのです。
そんな意味で、本当に子どもたちとの生活がここで始まったんだなあ、、と実感するこの頃です。

                                CFFマレーシア 安部光彦

<寄付キャンペーン、明日から始まります!>
マレーシア応援団寄付キャンペーン2012
「この子が育つ“家”を築こう!~子ども達の未来を運ぶ通学バスの購入にご協力下さい~」
http://cffmo.com/index.html
17:06  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/07(Thu)

忘れてはいけないこと

マレーシア・ワークキャンプ19回に参加した、升田成美(まっすー)です。
私がこのブログを書いて良いのでしょうか…。いや、自信を持って心にあるがままを書きたいと思います!

個性豊かで何度もぶつかり合ったけど大好きな、m19回の日本人・現地人キャンパー、スタッフの方々、そして4人の子ども達。この人達と共に過ごした12日間は私の永遠の宝物であり、語っても語りきれないもの。

image001.jpg
ワーク最終日の写真。私達は養殖用の池を作りました。


子ども達。私達がワークをしている最中、午後学校組の2人の子どもは車で学校へ向かいます。学校で少しずつ英語を習っているようで、学校に行く時、「 I miss you! 」「I love you !」など、笑顔で話しかけてくれます。子ども達はバドミントンが大好き。それから鬼ごっこも。思い返すといつも走り回っていた気が…!最年長の子はギターがとても上手!
子ども達の笑顔は、私達を笑顔にしてくれます。この笑顔を守り続けたい。



私は子どものいない「子どもの家」を見ていません。キャンプ終盤、ディレクターより第1回~18回のキャンパーが創り上げてきてくれたものの説明を受けながら、「子どもの家」の敷地内を歩き回りました。私が来た時には既にバンブーハウスがあり、道があり、橋があり、電気まで通っており…子ども達がいました。これまで、本当に多くの方々が強い願いを込めて関わってきて、ようやく4人の子ども達をCFFマレーシアに受け入れる事ができた。この事を決して忘れてはいけない、と心から思いました。



私達は最終日にパイナップル植えを行い、丘の上から「子どもの家」を見ました。その時、“未来”という言葉が自然と心に浮かび上がってきました。
子どもは愛されるべきです。世の中には、どうしようもない事もあるかもしれない。だけど、どうしようもないの一言では終わらせたくない。自分にも何かできる事が必ずある。まずは伝える事から。そう思うと、エネルギーが湧いてきました。

image002.jpg


「人って、こんなにも温かいんだ。」
と、改めて実感する事ができたキャンプ。本当に、本当に行って良かった。これからも楽しく、時には葛藤を繰り返しながらも、頑張っていきます。
すべての出会いに感謝。
また、みんなで「believe」歌いたいな。

     升田 成美(まっすー) マレーシア・19回ワークキャンプ参加
00:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.05/25(Fri)

トゥリマカ通信

こんにちは。第18回CFFマレーシア・ワークキャンプ(以下、M18)参加者のなみです。今日は、私のマレーシアワークキャンプを終えての感想を書きたいと思います。「こどもの家」のことからは離れてしまいますが・・・

早いようであっという間だったマレーシアでの12日間は、すべてが私にとって新鮮でした。特に、豊かな自然に囲まれ、時がゆっくり流れていくバンブーハウスでの日々は、生きることの素晴らしさを感じさせてくれました。晴れただけで、「ワークができる!」と、みんなで喜んだり、一生懸命働いたワークの後のご飯がとても美味しかったり。日本では当たり前に感じていたことが、とても幸せなことに感じられて、それは今でも残っています。何でもない毎日の中でも小さなことに喜びを発見できるようになり、大げさかもしれませんが、人生が楽しくなりました。

3_20120525162841.jpg


また、みんなが「一緒に生きている」ということを感じました。国籍や環境が違っても、同じ歌を笑って歌って、同じご飯をおいしいねって言いながら食べて・・・
何にも特別なことじゃないみたいだけれど、この「一緒に生きている」ということが私の中での大きな気づきです。
バンブーハウスでは、様々な内容についてシェアしました。ローカルキャンパーも交えて、笑ったり苦しんだり、涙を流したり。みんながみんなの思いを真剣に聞いて受け止めて、毎晩そのことを繰り返すうちに、一人じゃないということを強く感じるようになりました。
日本では、他人との関係が薄くなってしまって、自分は一人だと思ってしまうこともありました。だから、他の人に対しても自分は何も役に立てないと思っていました。でも、自分が言った一言で誰かが笑ってくれることがある。ただ寄り添って話を聞くことはできると、私は決して無力ではないということをみんなからおしえてもらいました。


また、世界にある解決できないような理不尽な現実についても考え続けていきたいです。「一緒に生きていきたい」から。考えていく中で、自分にできる小さなこと、周りのだれかを笑顔にしたり、自分の身近なものから大切にしようという気持ちも芽生えます。
遠い国の生活環境も違う人と「一緒に生きよう」と考えることは、全然関係ないことなんかじゃなくて、すべて自分の大切なものや自分自身につながっていると思いました。

これからも、考え続けていくことをやめないで、自分が出来ること、自分にしかできない
ことを探しながら「一緒に生きていきたい」と思います。

4_20120525162841.jpg



第18回CFFマレーシア・ワークキャンプ キャンパー 吉川菜美
19:00  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.05/07(Mon)

未来の基盤を創ること

未来の基盤を創ること

CFFジャパン理事・ソーシャルワーカー 大矢 裕子(第14回CFFフィリピン・ワークキャンプ参加、同第27回リーダー、第3期インターン)

はじめまして。私は現在日本の児童福祉施設で働いています。今の仕事に通じるきっかけがCFFとの出会いでした。

第14回CFFフィリピン・ワークキャンプ(2001年8月)の開始は、初めてCFFフィリピン「子どもの家」に子どもが入所した直後でした。
マニラのホテルで、子どもが2人(10歳女児、14歳男児)入所したと報告がありました。子どもたちは、実年齢よりはるかに小さい印象でした。
偶然にもキャンプには同年齢の日本人が参加していたので、男の子は始めてみる日本人にも興味津々で、すぐに打ち解けてくれました。女の子はまだ生活にもなれず、スタッフも彼女に対してどのように接してよいのかわからない様子で、一日中テレビの前で横たわっている印象でした。

9ヶ月後、再びインターンとして「子どもの家」に戻るとそこには7人の子どもがいました。あのときの女の子も成長し、小さい子の面倒をよくみていました。
その後女の子は家庭に戻り、CFFフィリピンの理事の支援の下、大学に通っています。去年(2011年8月)再び訪れたとき、彼女の家を訪ねました。
すっかり大人の女性になった彼女に年齢を聞くと、私が始めて彼女に出会った年齢になっていたのです。

私はまだCFFマレーシアには行ったことがありません。ただいえることは10年という歳月で沢山の子どもたち、家族そして、青年たちの未来が創られたということです。

CFFは未来の基盤を創る団体です。ぜひ私たちと一緒に沢山の子どもたちの未来の基盤を創って行きましょう!!

おおやん写真

写真は2005年に日本人有志により寄付されたジープニー(子どもの家にジープニーを贈ろうキャンペーン)。
現在子ども達の学校の送迎に利用しています。

12:02  |  CFFマレーシア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。